病後児保育の実施について

あいわ保育園 園長の小篠です。

早速ですが、タイトルの通り

あいわ保育園では、病後児保育の運営をスタートいたします。

詳細は、ホームページ内「病後児保育について」をご覧いただければ幸いです。

在園児だけでなく、あいわ保育園に通っていないお子様もご利用可能です。※事前登録が必要です。

当初は、風邪真っ只中の子どもを預かる

病児保育

で準備を進めておりましたが、、、

実際に運営している病児保育施設を見学して、ドクターの意見を伺って、、

何度も何度も職員会議を行って、、、

園内感染のリスクや、何より、医療機関併設型では無いので

症状の急激な悪化に対する初動が遅れる。

という最大のリスクに対応ができないという事で

病後児保育

を実施する事にしました。

本来であれば、病児保育のニーズが高い事も認識しておりますし

そちらの方が利用者も増えることは想像できますが・・・・

子どもの安全を担保する事が最優先ですので

今時点での病児保育は見送りました。

しかしながら、病後児保育の必要性も決して低くはありません。

病気を長引かせない為にも、安静にしてしっかり治癒する事が重要です。

治りかけだけど、、集団生活に戻すのはまだちょっと。。でも仕事も休めないし・・

そんな時に、ぜひ活用してみて下さい。

教育×スポーツで人を育てる=まちづくり

あいわ保育園 園長の小篠です。

ここ最近、密かに準備している事があります。

それは

結城市に新たなサッカーチームを作る事!

素質があり、育成を継続する事でサッカー選手への道をグッと身近に引き寄せる事ができる環境。

そんなチームを結城で始める準備をしています。

私は、小学生の頃からサッカーを始めて

中学・高校・大学・社会人と、各カテゴリーで様々な経験をしてきました。

実力は、プロには程遠いですが・・・「人」としてのベースは間違いなくサッカーを通じて学んできたと感じています。

5年前に怪我をしてから、プレーする機会は減りましたが、今でもサッカーは大好きで、サッカーは人生の縮図だと思っています。サッカーを「学ぶ」ことで社会人に必要な「コミュニケーション」「状況判断力」「課題設定力」「準備」「主体性」「協調性」様々な能力を高められると考えています。

ただ、そこまでの事を考えながら体系的にサッカー指導を受けられる環境が無いのが現状です。。

結城市に至っては、、中学生になると極端にサッカーできる環境が減り、サッカーは好きだけど、、他のスポーツに切り替える、、

なんて残念な事が起きているみたいです。

今月からW杯も始まるというのに、これではサッカー少年の夢を育む事ができない!

環境がなければ、、、自分で作ればいい!!笑

そんな私に、サッカー事業をスタートできる機会を与えてくれたのは

中学時代の恩師です。

具体的な事業計画は後日改めてリリースしますが

サッカーが好きな子どもたちに、本気で取り組める環境を

サッカーを通じて、人間力を高められる環境を

安心して子どもを預けられる環境がある事で、新たな人の流れを作ります。

東京一極集中の時代から地方へ移住定住の時代に転換してきている今の流れを

より大きく、より強い流れにしていけるよう、「それやりたい!」の精神を大切に事業に励みます^ ^

昨日、読んだ本。。実に素晴らしいタイトル!

境遇は自ら作るもの。

避難訓練実施

あいわ保育園 園長の小篠です。

昨日、市内一斉 Jアラートのテスト放送がある!

という事で、避難訓練を実施しました。てっきり、あのサイレンが鳴り響くものだと思い、園児たちには悟られないよう身構えておりましたが、、、

「コ レ ハ   テ ス ト デ ス」

だけで放送が終わってしまったので、、、慌てて園内スピーカーでサイレン音も出して実施しました。

保育園では月に1回以上の避難訓練が義務付けられております。

避難訓練では、ただ単に身の安全を確保するだけでなく、二次災害を防ぐ措置を適切に行ったり、避難後に保護者へ迅速な連絡を出来る準備をする。などなど、、

様々な事を確認しておきます。

「いざ」という時は一瞬の判断ミスが大きな被害に繋がるので

この手順でいいのか?

この場合はどうするのか?

毎回、真剣に取り組んでいく必要性があります。

私も以前、応急救護講習を受けた翌日に、会社の目の前で倒れている人がいて救急車を呼んだり、、、

社員が業務中に体調不良になり、救急救命士と連絡を取りながら措置をしたり。。

「いざ」という時は、意外と身近に起きる事を経験しました。。。

練習で出来ない事は本番で出来るわけがない。

今後も、より精度の高い訓練が実施出来るよう、職員一同真剣に取り組んで参ります。

ジョブローテーション

あいわ保育園 園長の小篠です。

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

今年は、9連休や10連休の方が多くいると聞きました。

働いていると「休みたいな〜」って感じますし、、

いざ、連休になると「働いてる方がマシ〜」って感じたりしますよね。。

結局のところ、、、「今」を一所懸命に楽しむ事が一番なのかなぁと、感じる今日この頃です。

さて、あいわ保育園は5月1日2日は通常開園して、3日〜6日まで連休をいただいております。

そんな中、開園から1ヶ月が経過して、仕事の流れもだいぶ慣れてきたので、ジョブローテーションを実施してみました。

ジョブローテーションとは

保育園を創ろうと思った時に考えていた事の一つに

「保育従事者の人間力向上」があります。保育業界に限らず

同じ業種だけで働いていると、視野が狭くなるというか、考え方が固執してしまいがちになる傾向があると感じます。私自身も、サラリーマン時代はそうでした。

仕事終わりに、異業種の人たちと交流を取れたり、副業できる環境があれば別ですが

1日保育現場に立ち続けた後で、副業するのはかなりハードですよね。間違いなく本業に支障をきたします。

なので、あいわ保育園の職員には、定期的に外部研修を受講する事と、他業種の職務を経験する。という事を実践して居ります。

もともと、運営会社のコシノテックは製造業ですので、保育とは真逆の業種です。

しかしながら、未経験の事や普段置かれている環境とは真逆の環境に身を置く事で、新たな発見や保育現場にも十分応用が効くことを経験できると感じているので、実際にやってみました^ ^

先日は、ハーブティーの製造にチャレンジ。

数十種類あるハーブを、きっちり計り、工程通りに梱包していく。保育現場は常に動きがありますが、同じ場所で同じ作業を繰り返すという経験が、新たな気づきに繋がり、職員個人のキャパが広がり、結果、子供達にもチャレンジする事の素晴らしさを伝えられるといいな〜と、思っています。

こんな事が出来るのも「企業主導型保育」のメリットですね。

あ、ちなみにこのハーブティーはこちらから購入できますのでご興味ある方は是非お試しくださいね^ ^

新しい事にチャレンジ出来る環境に感謝しつつ、連休を満喫したいと思います^ ^

共同利用企業様のご紹介

運営責任者の小篠雄登です。暖かくなったり寒くなったりと、体調管理が難しい季節の変わり目ですが、みなさま体調崩されていませんか?

私は、2週間前からくしゃみが止まらず、、ついに花粉症か!?と、思っておりましたが、ここしばらく全く症状が出ないので、、「ただの風邪気味だった疑惑」で納得しております。

ここ最近、あいわ保育園では4月からの開園に向けて準備のラストスパート中です。新しくスタートする保育園を選んでくれた方々に、安心と感動の保育サービスが提供出来るよう、スタッフ一丸となって準備しております。

各年齢、まだ余裕がありますので、保育園選びでお困りの方はぜひ一度見学にお越しください。

さて、そんな中、昨日は「あいわ保育園を利用したい!」と、なんとも嬉しいご連絡を頂戴しておりました

みくまり動物病院

さんに訪問してきました。爽やかな院長先生と笑顔が素敵な奥様に出迎えていただき、あいわ保育園の概要を説明させていただきました。みくまり動物病院さんは、結城市中央町にあるとてもアットホームな動物病院です。

スタッフの方を「人材」ではなく「人財」と意識しながら運営をされており、動物の「命」に対して真剣に向き合っている院長の姿勢に、大変、刺激を受けました。

みくまり動物病院さんでは、女性の働き方改革や共働き世帯を支えながら共に成長していく為に、あいわ保育園の共同利用を検討して下さっています。仕事も育児も妥協せずしっかり取り組みたい!と考えている方には、最高の職場環境だと思います。ペットと一緒に暮らしている方も、これからペットを飼ってみたいと思っている方も、一度、訪問してみると良いかもしれません^ ^

そんなみくまり動物病院さんからイベントのお知らせです。

病院の目の前に「室内ドッグラン」をオープンされるとの事で、そこに掲げる手形フラッグを作成するイベントだそうです。詳しくは、下記のイベントリンクよりご確認ください。

お「手」つだい大募集

なんとも面白そうなイベントですね!私は、ペットは飼っておりませんが、犬・猫大好きなので遊びに行ってみようと思います。

院長の「かっちゃん先生」とは、共同利用のみならず、様々なイベントをコラボ企画して、子どもたちの情操教育にも繋げて行きましょう!と、お話をさせていただきました。

伝統と歴史を重んじながら、結城市に新しい風を吹かせていけるよう、これからも精進して参ります。今後ともあいわ保育園をよろしくお願いします。

公益財団法人こども未来財団の選考委員として活動してきました。

あいわ保育園 運営責任者の小篠雄登です。

少し前の事になりますが、(公財)こども未来財団の選考委員として、奨学生の選考をして参りました。

将来、児童教育に携わりたいという情熱を持って学んでいる学生のうち、経済的な理由から進学を諦めたり、希望する活動が出来なかったりする方に対して、奨学金を給付する活動をしている財団です。

理事長のメッセージは以下の通りです(HPより抜粋)

**************************************

私たち、こどもみらい財団は、こどもたちの無限の可能性を信じております。その可能性を育み、輝かせることで創り出される新しい社会を私たちは未来 に贈りたいと考えております。こどもみらい財団は、当財団の趣旨に賛同し、その実現の一端を担って頂ける方を当財団の奨学生として応援いたします。
当財団の指定する大学に在学し、学業成績が優秀で、志を高く持ちながらも、経済的な理由により学資の支弁が困難な方からの募集を受付いたします。

***************************************

実に素晴らしい内容だと思いませんか!?

私も、子育てにおいて重要な事は、大人の人間力を上げていく事だと感じております。こどもは、親や先生、周りにいる大人たちの言動を見て育ちます。

だから、こどもが言う事を聞かないとか、落ち着きが無いとか、いつも周りに迷惑をかけてしまう。。。なんて言う時には、日頃の自分自身の心の状態に意識を向けたらいいのかな、と思っています。

この財団の試みで、一人でも多くの未来ある学生が、質の高い教育と実習を重ねる事で、未来の教育現場に希望を与えてくれる事を願いながら、一所懸命に選考活動させていただきました。

あいわ保育園でも、保育士とスタッフの教育には時間をかけていく予定です。私自身、教えるよりも教わる方が多い多い今日この頃・・・春の開園に向けて、しっかりと学んで行こうと思います。

新入園児まだまだ募集中です。認可施設に入れなかった方や短時間利用を検討している方、是非、一度見学にお越しください。保育料につきましても、現在見直し中です。一律料金ではなく、認可施設と同等水準になるよう価格調整しておりますので、気になる方がいらっしゃればお声がけください。

結城市移住・定住促進事業

あいわ保育園 運営責任者の小篠雄登です。

この度、あいわ保育園の運営会社である株式会社コシノテックが

結城市移住・定住促進事業の受入先として認定されました。

詳しくは、こちらをご参照ください。

結城市は、ここ近年、人口数は横ばいで推移しているものの

10代〜20代前半若年層の市外流出が激増しております。

みんな、進学や就職で都内や地方に流出して、そのまま結城には戻らない・・・

まぁ、全国各地の地方都市で起きている現象だと思いますが、そんな現状を変えていこう!という、熱い想いを抱いている人たちが活動しているコミュニティ

yuinowaさんとも連携して事業推進しております。

Web記事にも記載されておりますが、私自身、結城生まれ結城育ちでは無いんですが、2012年に結城市に移住して、今ではすっかり結城が好きになりました。

自分の子供が育つ町を、故郷を少しでも魅力的なエリアにして行こうと思いながら日々、精進しております。

あいわ保育園も、子供の為、親の為、会社の為、地域社会の為に貢献できるような運営をして参ります。

いつの時代も、世の中を変えていくのは

よそ者・若者・馬鹿者

って、言いますよね?あれ、これ全部該当してるーーー!笑

という訳で、あいわ保育園に興味のある方は、是非一度、見学にお越しください。

茨城新聞であいわ保育園が紹介されました

あいわ保育園 運営責任者の小篠雄登です。

1月7日(日)茨城新聞の記事内で、工業団地型の企業主導型保育園として

あいわ保育園が紹介されました。

多様化する働き方や様々な家族のカタチに対応できる保育園として

大人も子供も共に育つ保育を提供していきます。

施設見学は随時行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

※前回の記事で「新年の抱負」を「新年の豊富」と誤って記載してしまいましたが

なんとなく、、、

豊富、、、

縁起が良さそうなので訂正せず残しておこーっと✨笑

ご指摘くださった方々、ありがとうございました。

笑いと感動と幸せが溢れる保育園を創っていきます!

あいわ保育園 新入園の申込みをスタートします!

あいわ保育園 運営責任者の小篠雄登です。

今年も残すところあと僅かとなりました。

12月1日に竣工式を終えて、来年4月の開園に向け、最も重要な「人」もしっかりと揃いました。

10年以上経験を積まれている先生や子育て経験のある先生、また、若い先生も入職してくださり、まさに「家庭的」な環境を創り出せます。国が定めた保育士配置基準を100パーセント満たしており、保育は保育の「プロ」がしっかりと担います。

保育士さんの負担になっている「事務作業」については、デジタルを使えるところは使い、アナログが良いところはアナログで。最適な仕組みを整える事が私の役目です。

自園調理で提供する給食は、栄養学をしっかりと学んで来られた栄養士さんが献立を創り、プロ仕様のキッチンで一品一品気持ちを込めて調理してくれる調理師さんが調理してくれます。

病児病後児保育は、あいわ保育園から車で5分に位置する「結城病院」と協力提携を結ばせていただきました。万が一の時はすぐに医療施設へかかる事も出来て、なおかつ、保育園常駐の看護師さんも入職してくれます。

のびのびと子供が過ごせる環境を創り、働くママ・パパが安心して子供を預け、仕事に集中できるサポートをする。そうする事で、限られた家族団欒の時間を思う存分、親子の触れ合う時間にしてもらう。それが一番の「子育て」だと思います。

あいわ保育園は「企業主導型保育施設」という内閣府が認可した新しい保育園です。

従来までは、市役所に申込をして→保育認定を受給して→入所(希望が通らなければ再申込)

こんな感じで手続きをしていたと思いますが、あいわ保育園は、入園希望者とあいわ保育園の「直接契約」になります。保育の必要性がある方でしたらどなたでもご利用可能です。

入園ご希望の方、もしくは興味がある。という方は、電話もしくはメールにてお問い合わせいただき、施設見学および概要説明を受けてください(所用時間30分程度)

保育園は、子供が長い時間を過ごす場所であり、かつ、あいわ保育園は少人数保育のため、私たちの理念や考え方、保育環境を十分に理解して納得できた方に入園していただきたいと考えております。

まとめると、、、

施設見学→願書提出→契約

という流れになります。詳しくはホームページ内「入園ご希望の方へ」をクリックしてみてください。

年明けより、多くの方々と巡り会える事を祈念して、自宅の大掃除に取り掛かりたいと思います。みなさま、良い年をお迎えください。

 

 

セコム導入しました!

あいわ保育園 運営責任者の小篠です。

年末の大掃除も終わり、保育園の各所に

セキュリティーの「SECOM」シールを貼付しました!

保育園に子供を通わせている保護者さんからのご意見を参考にして

セコム導入を決定しました。誰でも出入りできる施設が多い中で、ちょっと閉鎖的になっちゃうかなぁ。。。とも思いましたが

やはり子供が長い時間を過ごす場所で、不安が残るよりはしっかりセキュリティー強化した方が良いだろうという事で決定しました。

セコムシールを貼付してみてビックリ。。

あいわ保育園イメージカラーの「ネイビー」「レッド」に思いのほか調和している!!笑

出入り口にはカメラも取り付けて、防犯強化しております。

子供も親もスタッフも、安心してのびのび過ごせる環境を追求していきます!